趣味と生活雑学

株式投資の信用取引とは?カラ買いカラ売りとは?

株式を購入する場合はその株式の購入代金を用意するのは当然のことです。また、株式を売却する場合には、売るべき株券を保有している場合が一般的です。

しかし、信用取引では、株式の購入に必要な資金を証券会社から借りたり、売却する株券を証券会社から惜りて売ることができます。借りた資金や株券は6ヵ月以内に返済しなければなりません。借りた資金には金利がかかり、株券を借りるのもコストがかかります。

例えば、近いうちに株価が上昇しそうな銘柄があるが、購入資金が不足している場合、代金の一部や株券などを担保にして購入資金を借りて購入(カラ買い)することができます。6ヵ月以内に予想通り株価が上昇すれば売却して、借りた資金を返済してなお利益を得ることができます。

また、近いうちに値下がりしそうな銘柄がある場合は、株券を借りて売却(カラ売り)し、6ヵ月以内に予想通り値下がりした場合は、値下がりした価格で買い戻して株券を返済し、その差額の利益を得ることができます。

ただし、予想通りに株価が動かない場合でも6ヵ月以内に借りた資金や株券は返す必要があり、大きな損失を被ることもあります。

株の信用取引とは

流動資産とは、現金、預金、受取手形、売掛金、有価証券(株や債券など)、たな卸資産(製品や原材料など)などを指し、1年以内に現金化できる資産です。

固定資産とは、土地、建物、機械や投資有価証券などで、長期にわたって利用、活用するもので、すぐには現金化が難しい資産です。