趣味と生活雑学

株取引のザラバ方式と板寄せ方式とは

株取引のザラバ方式では、価格優先と時間優先の原則に従って、もっとも安い値段の売り注文ともっとも高い値段の買い注文が、値段的に合致した場合、その価格を約定値段として売買を成立させます。

板寄せ方式では、すべて同時に出された注文とみなして、価格優先の原則に従って、順次注文を付け合せます。

成行注文をすべて付き合わせたあと、指値注文を付き合わせ数量的に合致する値段を求め、その値段を単一の約定値段として、それまでに付き合わせた注文についてもこの約定値段で売買を成立させます。

株取引の心構えや考え方
 
流動負債とは、1年以内に返済または支払わなければならない負債のことで、支払手形、買掛金、短期借入金などが含まれます。
 
固定負債とは、返済期限または支払期限が1年を超える負債のことで、長期の借入金や社債などが含まれます。
 
資本の部は、株主から預かった資本ということで「株主資本」、資産の合計から返済しなければならない負債を引いた部分であることから「純資産」、あるいは他人資本(返済しなければならない負債)ではないとうことから「自己資本」などと呼ばれています。
 
資産の部もまた「流動資産」と「固定資産」に大きく分かれます。