趣味と生活雑学

不妊症 治療では無精子症 原因が分からず精子提供を受けると問題

不妊症 治療では、無精子症 原因が分からず精子提供を受けると問題が起こります。

当然の結果として、社会的な認識からは外れたこの場合の親子関係について、法律的な論議が繰り返されてきましたが、現在では、結婚している女性が産んだ子は夫婦の間の子という理解が定着しているようです。

ただ、無精子症 原因でこの種の親子関係を運命づけられている子どもに対して、両親に確固たる子育ての信念が持てるのかはなお疑問視されています。

この場合、最終的には男性は血統上のアウトサイダーなのです。

40代の不妊治療はすごく難題が多いのです。