趣味と生活雑学

過度に吠える犬のしつけトレーニングなど

ご家庭で「このままじゃ我儘なこどもになる」「社会のルールは教えたい」などと考えて、保護者として何かするように、過度に吠える犬のしつけトレーニングも同様です。

しっかりプルーフィングしていないと、自分の家だと静かにしている犬の場合でも、それ以外の家に行った時などに、一端はなくなった無駄吠えが再発してしまう事態もあるんじゃないでしょうか。

例えば生まれて間もないミニチュアダックスフンドだろうと、家族の一員にした瞬間から、いえむしろ、迎え入れる前の準備期間中にもしつけなどは開始されます。

可愛いから、飼っている人も多いミニチュアダックスフンドの子犬を選んで、飼うことにしたけれど、犬のしつけのやり方はよく解らないというような話をしばしば聞いてきています。

散歩での拾い食いをした時のしつけというのは、言葉で叱ったりはおススメしません。主人としてなるべく威厳をもってリードコントロールしてください。

愛犬をしつける時に注意すべきなのは、しつけていく過程、つまり教える順序だと思います。トイレに関するしつけの場合であろうとも、その考え方は同じことだと考えます。

噛むクセがある愛犬の心理を研究し、これまで実践してきた誤っているしつけというものを修正して、噛む問題行動を改善していくべきです。

ミニチュアダックスフンドに関しては頑固なところがあるので、ドッグトレーナーに頼んで、みなさんのミニチュアダックスフンドに一番のしつけ策を聞くことなどもいいと考えます。

特定のものに恐怖感を持っていてそれに対して吠えるという行為が始まった場合、おそらく恐怖の大元を取り除いたら、無駄吠えのクセを押さえることができると言います。

ただ単に甘やかすのではなく、子犬のころから誤ることなくしつけをやっておいたら、犬の世界には柴犬ほど飼い主の言うことを聞く犬なんていないだろう、と言っても過言でないほど飼い主に従うでしょう。

無駄吠えが少なくて、人懐っこいのはもちろん、比較的飼いやすいラブラドールも、それでも大きな犬であるだけに、主従関係を学ぶしつけを大事に、様々なしつけもきちんとするのが良いでしょう。吠える犬のしつけでしたら、犬のしつけ解説「吠える・無駄吠え」が参考になると思います。

犬によっては、噛むのをしつけたくても、噛まれたら困る、というようなケースがあるし、逆にヒステリックになったり驚いたりして、体罰を加えてしまった経験などもあるかもしれませんね。

飼い主が欲求に対応してやっているのに、自己中心で家族からの関心を得ようと、無駄吠えを繰り返してしまう犬が多数いるのは事実らしいです。

噛む犬などはしつけが悪いからでしょう。適切なしつけ法を実行していないのが大半です。知名度のあるしつけ方法の中にも、決して正しくはないことが少なからずあるでしょう。

覚えの良さが目立つトイプードルであって、育て方などには苦労話はあまりないようです。子犬の頃からのトイレトレーニングとか、他のしつけなども、難なく習得してしまうでしょうね。