趣味と生活雑学

トイレの犬のしつけ方が出来ていけば柴犬 飼い方はだいぶ余裕

トイレの犬のしつけ方が出来ていけば、柴犬 飼い方はだいぶ余裕が出てきます。

排泄場所の周囲をゆっくり回らせて排泄を促す方法が良いでしょう。犬のしつけ方では、この時も排泄を促すための言葉をかけながら行います。

柴犬 飼い方のなかで、言葉に促されて排泄できるようにしていきます。慣れてきたら、引き綱をはずしてもできるようにします。

排泄を促す言葉だけで、犬が自分から排泄場所に行くようになると最適です。特に室内で柴犬を飼っている場合は、必須のしつけ方と言えるでしょうね。

家に来たらすぐに教えてみましょう。

犬の食事を先にすませると良いでしょう。

犬は空腹だと、人の食事中に騒ぎやすくなります。人の食事の前に、犬にエサを与えておきます。おなかが満たされていれば、人が食べているものを欲しがらなくなります。

テーブルのまわりでキャンキャン鳴いてうるさいので、つい食べ物を与えてしまったということのないようにします。

犬は、鳴いてねだれば何かもらえると思ってしまいます。犬がどんなにねだっても無視します。こうすることで、いくら騒いでももらえないのだということが犬にもわかってきます。