趣味と生活雑学

犬のしつけで引張癖を直そう

犬のしつけの引張癖では、飼い主さんが立ち止まるたびに犬はリードを前に引いて、何とかして飼い主を動かそうとするでしょう。もちろん飼い主は絶対に動いてはいけないです。

そうこうするうちに偶然に犬がリードを緩めたら、また歩き出します。犬はすぐに元気を取り戻して、恐らくじきにピンと伸びるまでリードを引っ張るはずです。この時も、当然すぐに立ち止まらなくてはならないです。

リードを引っ張ると飼い主が立ち止まり、緩めるとまた歩き出すことを犬に分からせるには、この練習を何度も繰り返すことが必要です。犬は一度練習しただけで、たちまち犬がリードを緩めて歩くことを覚えはしません。

練習を重ねるうちに、徐々にリードを引っ張る回数が減っていくのです。だから根気よくトレーニングを続けることが大切です。今引っ張り癖を直しておけば、この後ずっと楽ができるので、是非ここで頑張ってほしいです。